うつ病治療の再発予防期

うつ病は再発予防がとても大事

うつ病は治療には、再発予防期があります。名前の通り、再発をしないように予防することになるのですが、とても大事な治療の一つになっています。うつ病は、再発する可能性が高い病気の一つで、十分な治療をしたとしても再発の予防をしっかり行わなければ再発する可能性を高めてしまいます。そうならないためにも再発予防期で十分な治療をして再発しないようにすることが必要です。再発しないためにも最も大事なのが、独自の判断です。医師の指示なく通院をやめたり、医師の判断を仰ぐことなく仕事に復帰したりストレスがかかるようなことはしないようにしてください。うつ病治療は再発予防まで含めて治療になりますので、完全に復帰できるように治療しましょう。

再発予防期はどのような治療が必要?

再発予防期の治療は、精神療法とカウンセリングがメインの治療方法となります。再発予防期は、精神状態が安定していてうつ病の症状が出ていないため、その人の症状にもよりますが薬の力を借りて精神状態や症状緩和させることが不要となる時期です。ただ、症状が出ていない状態だとしても再発するきっかけを持っている可能性があるため、再発するきっかけを取り除くことが必要です。再発のきっかけを取り除くため方法として、精神療法やカウンセリングが効果的です。うつ病が再発するのかどうかはこの再発予防期に十分な治療を行っているのかどうかで左右されますので、自分は元気で医師の力を借りる必要がないと思っても継続して治療を受けるようにしましょう。